ナンパ友の会のご案内

告白します。
僕は25歳まで童貞でした。

僕は小さな頃から内向的な性格で、人と話すのが苦手でした。
そう、ことさら女性に対して。

今でも覚えています。
僕が好きだった子はクラスのムードメーカーの
足が速くて肩も強くて気の強い男子と結ばれ、
僕はそいつにヘラヘラしながら殴られてたりしました。

地元の友達と離れる機会となった高校、大学になってもそう。
女性にモテたいと思っている傍ら、
僕は女性を避ける行動を取っていました。

クラスでは話す子とも朝顔合わせても挨拶しない、
中学で好きだった子とばったり会っても無視する、
etc…

僕はモテない道を地で行っていたわけです。
このブログでも何度か言及しておりますが、

「そう思うからこうなる」

僕はモテないと思っていたからモテない行動を取り、
そしてモテない人生を歩んできたのです。

そんな僕に転機が訪れたのは、社会人になってからのことでした。
会社員になってもなお、童貞を貫き通していた時です。
(社会人なりたての女性でも9割以上貫き通されているというのに。。泣)

会社員の生活で女性と交わる機会がさらに減少し、
いよいよ僕の心に黄色信号が灯ったのです。

それから毎晩のように仕事が終わるとネットでモテる方法を検索し、
時にはヘンテコな情報商材買ったり、時にはこっそり抜いたり(笑)、
日々模索してました。

そんな最中たどり着いたのが師匠のブログでした。

「ナンパ」

僕の人生の中でAVの企画の中でしか出会うことのなかった世界。
そんなもんAVじゃん!!的なナンパ日記に僕は目を奪われました。

この時僕の「童貞」という傷口は化膿し、壊死しかけ、
不治の病になる寸前でした。

僕は藁をもすがる思いで、ブログの主に連絡しました。
あくる日、優しい文面でメールが返ってきました。
僕の本気の、魂の叫びを彼は受け入れてくれました。

忘れもしない、僕が師匠に会った日。
曇り空の寒さの厳しい日。
場所は横浜でした。
師匠に会い、師匠の教えを乞うことを決意しました。

その日僕は地蔵を脱出し、1人の女性からバンゲをしました。
余談ですが、その子は僕のいた大学と同じ市に住んでいた子でした。
今思うとすごい偶然ですが。

師匠の元でナンパを学んだ結果、2ヶ月後、
ハブで声をかけた子とセックスできました。

当時は今ほどインポじゃなかったので、
僕の息子はビンビンだったのですが、
ホテルに着くなり、全裸にされ、
生で騎乗位で挿れさせられるという
痴女ものAV体験をしてきました。笑

ナンパ最高です♪

それからしばらくした後、会社員の生活に忙殺され、
僕はナンパをやめてしまいました。

そして今、三十路も近づく最中、僕は再びナンパしようと決意しました。
今、やらなければ僕は一生後悔する。

このブログ中でも色々書いてはおりますが、
再びナンパを始めた結果、

・女性は思ったほど無視しないことが分かりました!

・お茶したり、ライン交換するぐらいなら普通にできてしまうことが分かりました!

・内向的な性格がポジティブ思考になりました!

・女性のみならず、対人コミュニケーションが圧倒的に向上しました!
(人の話を聞くのが上手くなりました)

ナンパをすることによって得られるメリットは多分そこらの温泉の効果・効能を超えてますw
そしてさらなる高みを目指してこれからも僕はナンパします。

次なる目標は、

・女性を特別視しないこと

・ちゃんとセックスできるようになること

そんな夢を抱いてる僕とナンパしてくださる仲間を募集しています。
(偉そうなこと書いてますが、1人だとプロの地蔵になりますw)

僕は僕の価値観に共感してくれる、仲間が欲しいです。
一緒にナンパして、一緒に励ましあって、共に称え合う、
そんな仲間が欲しいです。

具体的には、
・愛知、岐阜、三重、静岡等、東海地方にお住いの方
・土日に活動できそうな方
・ナンパしたいけど地蔵になってしまう方
・僕と同じようにナンパで人生を変えたいと思っている方

逆に、こんな方は恐縮ではありますが、ご遠慮ください。
・プロのナンパ師
・あまりに世代がかけ離れている方
・師匠や僕のテクニックだけ聞きたい方

地蔵ながらナンパを勉強してきました。
偉そうなこと言うつもりはないですが、
多少であれば教えられます。

・どんなことするの?
・怖くないの?
・〇〇だけどできるの?

そんなことでも構いません。
もし少しでも興味が湧きましたら下記までご連絡いただけると嬉しいです。

ナンパして好きな女の子と仲良くなりたいと
思わない男性は多分いないと思います。
モテない人生を新八とともに変えたいというあなた、
是非一度ご連絡ください。

ご連絡待ってます。

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。