同期と飲む

この記事は1分で読めます

会社で一番の仲良し同期と焼き鳥屋で飲み会。
僕は焼き鳥にんにくという危険だがめちゃ上手い串を食べまくる。

彼は副業の話から会社辞める話からナンパまでなんでも話せる大切な友達。

僕はなぜ会社でのサラリーマン人生を見限ったか?

それは自分の少し上の世代の先輩の仕事ぶりを目の前で見続けてきて、
彼らと同じパフォーマンスで仕事をすることはできないと感じたから。
僕は今の仕事に行き詰まり感を感じていて、
その先輩たちのようにバリバリと仕事ができない、
いつまでも同じところに留まりづつけているような気がしたから。

つまるところ、僕は今の会社で出世していける人ではないことを察した。

他方、彼の考えは異なる。

彼は逆に新入社員や隣の職場に入ってくる後輩たちを見ながら、
自分の成長を感じているらしい。
あー、数年前の自分はこんなにできなかったのか、
でも今の自分はそれを理解していて、人に説明もできるじゃないか、と。

彼は今の仕事で自分の成長を感じられていて楽しいからこのままでいいと言った。

捉え方の違いでこんなにも考え方が変わるものとは、ととても驚いた。
そしてどちらかと言えば、僕の方がネガティブな捉え方をしているなと感じた。
一方、僕の方が長期的にそれを捉えることができているなと感じた。

事実は同じ。
だけど2人の捉え方は全く異なった。
そしてその小さな捉え方の違いは僕ら仲良し2人組の人生を
大きく、全く別の方向へ導き始めた。

僕の心の不安は消えない。
彼のように表面上安定し続ける人生を捨てる選択をしたのだから。

だからこそ負けない。
茨の道でナイフで刺されることを分かっていても突き進んで、
そして彼には一生得ることのできない金塊を手に入れる。

最良にして最高のライバル。
より幸福に、よりお金を稼いで、より女性にモテる人生を歩むのは僕だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 04.13

    バスの中

  2. 2018 01.11

    無視を無視

  3. 2018 10.11

    Never enough

  4. 2018 07.02

    新生活

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地蔵新八プロフィール

名古屋に住んでいる、普通のサラリーマン(30)。
特技はギャルものAV鑑賞と薄毛。

25歳まで童貞を勤め上げ、地元の友達に驚嘆される。

童貞を卒業すべく、ナンパを始め、2ヶ月目で性交。
初めてのエッチはナンパで会った歳上痴女とホテル入って5分で生挿入される、衝撃のデビュー。

その後も豆腐メンタルですぐ地蔵化するものの、各地でナンパに挑戦中。

詳しいプロフィールはコチラ