抱くのがマナー?

この記事は1分で読めます

合コンで、友達の紹介で、もしくはナンパで会った女性が自分と2人で会ってくれるとする。
女性が男性とデートするということは、内心、その彼女の心の中はどう思っているか。

それは、

この男なら抱かれてもいいかも。

と思っているのである。

少なくとも2人で会ってくれる時点でボーダーラインは超えている。
だからこそ、僕らは彼女らを最後までスマートにエスコートしてあげなければいけない。

女の子が抱かれてもいいという覚悟を持って会いに来てくれている中、
最後まで何もしないということは一番やってはいけないこと。

つまり、抱くのが男のマナー。
高級レストランの振る舞いや運転するときのマナーなんかより100倍大事。
そんなものができていなくても、これを実行するだけでモテる。

その日の女性の気分や僕らへの減点により、最後まで行けない可能性は確かにある。
でも、誘うことで、たとえ断られても女性は誘ってくれたことに喜ぶ。

僕の過去を振り返ると僕はとてもサイテーな男な振る舞いばかりしていた。
勇気を出して僕と会ってくれた女の子たちにとても失礼なことをしていた。

これは僕自身への戒め。
自分が傷つくのを恐れるのをやめない限り、僕は一生モテないまま。

それが分かっていながら、声もかけない、ラインもしない、新たな出会いも模索しない。
習慣が運命を変える。
こんな習慣では運命は変わらない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.21

    言ったー2

  2. 2018 04.09

    キャズム理論

  3. 2018 02.11

    習い事4

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。