僕は童貞でした③ 〜ヤンキーおナニー〜

この記事は1分で読めます

童貞小学生(その① その②)を経て、晴れて中学生になれた
新八の中学生時代の思い出です。

小学校高学年から中学生にかけてと言えば、思春期です。

僕はちん毛が小5で生え始め、
修学旅行で一瞬ヒーローになりましたが、
ちん毛が生えておナニーを覚えるお年頃ですね。

僕はというと、友達のミニモニの下敷きで抜いていました。

(お世話になりましたw)

さて、そんな童貞新八ですが、
中学校に入学して早々衝撃を受けました。

それは・・・

先輩のヤンキーギャルです。

なんて言うんですかね。
今まで真面目道を突っ走って来た僕にとって、
親とか先生とか学校とかクソッタレ的な
反社会的な生き方に違和感と妙に興奮したのを覚えています。

多分僕のギャル好き(AV限りw)はここから来ていて、
ギャルに声かけできないのはここから来ているのでないかなと思います。
(別にいじめられていたわけではないのですが・・・)

と言うことで、僕の中学校生活は、

おナニー性活でした。

朝から先輩ヤンキーを想像しながらおナニーし、
登校中の先輩ヤンキーのミニスカ見ながら勃起し、
部活終わってから帰っておナニーしていました。笑

部活は野球部だったのですが、
今思えばよくこんなおナニー三昧で
毎日運動していたものです。

おおまかに言えば、汗と精子にまみれた中学校生活だったわけですが、
もう少しおナニー外の話も書き記していきたいと思います。

次回はおナニー性活改め、根暗中学校生活をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 02.02

    眠い

  2. 2018 01.13

    バキバキ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地蔵新八プロフィール

名古屋に住んでいる、普通のサラリーマン(30)。
特技はギャルものAV鑑賞と薄毛。

25歳まで童貞を勤め上げ、地元の友達に驚嘆される。

童貞を卒業すべく、ナンパを始め、2ヶ月目で性交。
初めてのエッチはナンパで会った歳上痴女とホテル入って5分で生挿入される、衝撃のデビュー。

その後も豆腐メンタルですぐ地蔵化するものの、各地でナンパに挑戦中。

詳しいプロフィールはコチラ