カス受け入れ

この記事は1分で読めます

自分知らないのに、他人を、女の子を知りたくなるというのは、
順番が異なるのではないか。

まずは自分を知ることが先決ではないのか。

という話を師匠からもらった。

確かにその通りだ。
英語ができるけど、日本文化や歴史を知らない日本人が
外国人と話をしても、身のある会話はできないだろう。

また、自分を改めて見つめ直すことで、
自分がどういう行動パターンをしていて、
その結果どういう感情になったかを理解できる。

次同じような場面に遭遇した時、
自分が取る行動パターン、その後の感情が
ある程度予測できるようになる。

つまるところ、自分を知ることは
自分が生きやすくなる、ということらしい。

ということで、手始めに僕のコンプレックスを記していく。

・髪が薄い
しかも驚愕の19歳の頃から。
差し引き、10年ぐらい薄毛を続けていることになる。
薄毛によるコンプレックスはもはや計り知れない。

・身長が低い
新八はL’Arc〜en〜Cielが好きなのだが、
ハイドレベルに身長が低く、顔はどノーマル。
中学生の頃、みんな伸びてるから俺も伸びてるでしょ、と勝手に思い、
健康手帳の身長を右肩上がりでテキトーに書いていたところ、
健康手帳と実身長の乖離が5cmもあった悲しい思い出が蘇る。

・モテない
もはやナンパブログ書いてるより結婚相談所行けレベルでモテない。
30年生きていながら、付き合った彼女は・・・3人!?
昔の会社の同期は結婚し、子供を作り、家まで建てている中、
感じる恐ろしい孤独感。

・毛深い
髪の毛が薄いくせになぜが体毛が異常に濃い。
すね毛とかヒゲとか要らんからその剛毛が
髪の毛に宿って欲しいと切に願う今日この頃。

んー、コンプレックスを全て洗い出すと言いながら、

結局身体的なコンプレックスばかりになってしまった・・・

今度はもう少しメンタル面のコンプレックスを掘り下げようと思います。

ちなみに自分の弱さを出せば出すほど、モテるらしい。
その辺の感覚は僕もまださっぱりだが、どうやらそれが真理のようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 01.08

    習慣を変える

  2. 2018 02.11

    習い事4

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地蔵新八プロフィール

名古屋に住んでいる、普通のサラリーマン(30)。
特技はギャルものAV鑑賞と薄毛。

25歳まで童貞を勤め上げ、地元の友達に驚嘆される。

童貞を卒業すべく、ナンパを始め、2ヶ月目で性交。
初めてのエッチはナンパで会った歳上痴女とホテル入って5分で生挿入される、衝撃のデビュー。

その後も豆腐メンタルですぐ地蔵化するものの、各地でナンパに挑戦中。

詳しいプロフィールはコチラ