ナンパ準備編① 〜僕らは原始人〜

この記事は2分で読めます

ナンパをする前に、頭に叩き込んで欲しいことを今から話します。

僕らはなぜナンパができないのか?

についてです。

あんなに女の子とセックスしたくて、
ナンパ企画モノのAVで抜いて、
勢いつけるためにお酒飲んで街に出ても、
女の子に声がかけられないのはなぜか?

あなたが根性なしだから?
あなたがチキンハートだから?
あなたが年老いてハゲて低身長だと思っているから?

全て違います。
ナンパができないのはあなたのせいではありません。

「なんて声かけすればいいんですか?」

とか、

「女性とどのぐらいの距離を保ったらいいんですか?」

と言ったテクニックを学ぶ前に知っておいて欲しいです。

 

この後の記事とも繋がってくる話にはなりますが、

僕たちの脳は、原始時代から変わっていません。

マンモスを追いかけていた時代から、
僕らの脳はほとんど変わっていません。

こんなことを言うと、

「いや、俺は現代に生きていて進化した現代人だ!」
「俺はマンモス追いかけるような野蛮な人間ではない!」

と言われそうですが、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

なぜ僕らがダイエットすることができないのか?
なぜ綺麗な女性を見ると途端にセックスがしたくなるのか?

原始時代の人たちを考えてみてください。

原始人たちは、目の前に食べ物があれば死ぬほど腹一杯食い漁り、
目の前に女性がいたら、多少強引でもセックスしていたのです。

認めたくない現実かもしれませんが、
残念ながら、現代社会では不必要とも思える、
これらの脳の機能により、僕らはダイエットに失敗し、
風俗に駆け込んでいるのです。

では、僕ら男性の持つ、原始人的な欲求は何か?

それは、

いっぱい種まきをしていっぱい子孫を残したい

という欲求です。

結婚しているのになぜ浮気をするのか?
彼女がいるのに、なぜセフレや新たな彼女を作ってしまうのか?

真面目に世間を見渡すと答えが出てきませんが、
「僕らは原始人マインド」を持つと、答えは簡単です。

男女平等社会で一夫一妻制での結婚が認められるようになったのは、
日本では戦後たかだか80年弱の歴史です。

人類の歴史から見た80年など、屁みたいなものです。
たかだか数十年で僕らの脳みそは変わらないのです。

それが答えです。

冒頭の話に戻ります。
なぜ僕らがナンパができないのか?
この理由も実は僕らの原始人マインドに隠されていたのです。

次回に続きます。

新八のナンパ講習にご興味ある方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 01.14

    自分ルール化

  2. 2019 01.15

    女性はエロい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地蔵新八プロフィール

名古屋に住んでいる、普通のサラリーマン(30)。
特技はギャルものAV鑑賞と薄毛。

25歳まで童貞を勤め上げ、地元の友達に驚嘆される。

童貞を卒業すべく、ナンパを始め、2ヶ月目で性交。
初めてのエッチはナンパで会った歳上痴女とホテル入って5分で生挿入される、衝撃のデビュー。

その後も豆腐メンタルですぐ地蔵化するものの、各地でナンパに挑戦中。

詳しいプロフィールはコチラ