ナンパ実践編① 〜距離を取れ〜

この記事は2分で読めます

30分かけて作り上げた記事が消え去った悲しみに暮れながら、
この記事を書いております。

幻の準備編⑤は僕の心傷が回復したら、書き記すことにします。。

ということで、今回からナンパ実践編です。

・どんな女性をターゲットにしたらいいのか?
・どんな服装でナンパしたらいいのか?
・どこで何時頃ナンパしたらいいのか?
・なんて声をかけたらいいのか?

詳しいテクニックは全て後々お伝えします。
そんな細かいテクニックを差し置いてでも
頭に入れて欲しいことを話します。

女性に声をかける上でもっとも気をつけて欲しいこと。

それは、

パーソナルスペース

です。

また心理学っぽい用語が出てきたと思われるかもしれませんが、
少しだけ聞いてください。

パーソナルスペースというのは、
自分が侵されたくないと思う距離です。

エヴァンゲリオンがとても分かりやすい例なのですが、
エヴァではATフィールドというバリアのような壁が存在します。

外敵はこれより中には入れさせない、
入ってきたら、自分がピンチに陥っている時です。

人は皆、このATフィールドのようなものを無意識的に持っています。
(パーソナルスペース≒ATフィールド)

ただ、このスペースというのは対する人に依存します。
恋人同士なら顔を合わせても不快と感じませんが、
ホームレスのおじさんには異様に距離を取りたくなったりします。

そして、パーソナルスペースを侵害すると、
人は極度の不快感を感じます。

そして、僕ら男性にとって厄介なことに、

女性の方がパーソナルスペースが広いです。

パーソナルスペースが広い=入ってくるなと思う領域が広いということです。

ここがナンパ師が気をつけなければいけないポイントです。

簡単にまとめると、

僕らの思っているパーソナルスペースで女性に近づくと、
何もしてないのに不快感を与えてしまう。

ということです。

何も話していないのに不快感を感じさせてしまっては、
ナンパでセックスどころかそれ以前の話になってしまいます。

ここは本当に気をつけなればいけないポイントです。
僕らが思っている以上にスペースをとらないくては
ナンパは成立しないのです。

では、具体的にどのぐらい距離を取ればいいのか?

ざっくり腕一本分

と覚えておいてください。
腕一本分というと、実際にやってみると結構遠く感じます。
が、女性にとってはそれがギリ許される近さなのです。

とかく、ナンパを始めたての頃は女性へのアプローチに夢中になるあまり、
どんどんどんどん女性の方に近づきがちですが、
これをやればやるほど、女性は逃げていきます。

なので、本当に本当に意識的に距離をとってみてください。
どんな面白いこと言うよりも適切なパーソナルスペースをとる方が大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.26

    幸福度≠物質

  2. 2018 12.24

    人は自分の鏡

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地蔵新八プロフィール

名古屋に住んでいる、普通のサラリーマン(30)。
特技はギャルものAV鑑賞と薄毛。

25歳まで童貞を勤め上げ、地元の友達に驚嘆される。

童貞を卒業すべく、ナンパを始め、2ヶ月目で性交。
初めてのエッチはナンパで会った歳上痴女とホテル入って5分で生挿入される、衝撃のデビュー。

その後も豆腐メンタルですぐ地蔵化するものの、各地でナンパに挑戦中。

詳しいプロフィールはコチラ